2018年06月20日

タモホルダーを自作

PET板をカットしてストリンガーロープ巻を作りましたが、今回はアレンジして
タモホルダーを自作しました。

まずはホルダー部分のPET板3mmをカット。
アクリル板でも良さそうですが、PET板の方が柔軟性がありそうなのでPETで加工


タモホルダ 003.jpg

メジャーホルダーで付け替え式にしてみます。
クリップ部分もカットします。

タモホルダ 002.jpg

ホルダー部分とクリップ部分を組み立てサイズの確認です。

タモホルダ 003.jpg

確認が出来たらホルダー部分をランディングポールに合わせ曲げ加工し接着

タモホルダ 004.jpg

ベルトホルダーに装着してみます。

タモホルダ 005.jpg

ランディングポールをセットしてはまり具合を確認・・・

タモホルダ 006.jpg

完成です。。。

ランディングポールがしっかり固定されており
歩いても足に当らずいい感じです。

ベルトに通すタモホルダーも作ってみました。

タモホルダ 007.jpg

タモホルダ 008.jpg

タモホルダ 009.jpg


レーザーカッターがあると何でも作ってみたくなります・・・・




posted by VLS2.30 at 14:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

PET板 3mm厚のレーザー加工 

ペット(PET ポリエチレンテレフタレート)板を切断加工して
ストリンガーのストリンガーロープ巻を自作してみました。

堤防でのヘチ釣りなどで使用するストリンガー用として
落とし込みベルトに装着できるように作ってみました。

まずは試作・・・
いきなり本番すると出来たものを見てサイズ変更などしたい場合
素材が無駄になるので厚紙で試作、

stringer 001.jpg

実サイズや形状を確認します。

確認したら
PETで加工します。

stringer 002.jpg

切断面もきれいです。

今回はアクリルではなくPETを使用しました。
アクリルはきれいにカットでき材料費も安いのですが
硬い素材で衝撃に弱く落としてしまった時やストリンガー
ホルダーに力が加わると割れる危険性があるので柔軟性のある
PETにしてみました。

PETは切断加工時にかなりの噴煙が発生します。
加工機の中が真っ白に・・・・
また、臭いもキツイ素材です。

集塵脱臭装置が必要ですね。
ちなみに使用している排気装置は・・・・
Base3

屋内排気仕様ですが臭いがまったく気になりません!

PETは大量の噴煙の発生やあめ色に変色したりと・・・
手が掛かります。

stringer 003.jpg

手前は何もせずカットしたので変色や噴煙の付着が見られますが、
上の様にひと工夫すると比較的きれいに加工ができます。

ロープ掛けの部分が大きかったのでサイズを1mm幅に直して完成です。

stringer 004.jpg

早速、ストリンガーロープを巻いてみます。
stringer 005.jpg

ロープも固定できています。
予備のストリンガーも掛けました。

stringer 006.jpg

落とし込みベルトではないですが
試しにズボンのベルト通しへ・・・








ラベル:カット加工 樹脂
posted by VLS2.30 at 11:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

ステンレス製ツールのレーザーマーキング加工 その2

今回は違う種類のステンレス製ツールをレーザー加工します。

フォー セップ 001.jpg

早速、レーザー加工機内に加工するツールを配置

加工していきます。

フォー セップ 002.jpg

ファイバーレーザーの波長はco2に比べると金属加工では吸収率が高いので
加工時間、仕上がりがまったく違ってきます。

発生する光も違うっ・・・!
30秒程で加工完了です。

フォー セップ 003.jpg

着色無しです。

極小フォントサイズでも問題ありません。

フォー セップ 004.jpg

一般金属製ツールから医療用器具・整備用工具などの管理番号刻印に
レーザー加工も出来るのではないでしょうか

フォー セップ 005.jpg

くわしくはレーザーワークスまでお問い合わせください。


posted by VLS2.30 at 17:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする