2017年03月14日

SUS340をレーザーカッターでマーキング

VLSシリーズでHPDFO(高密度レンズ)を使用するとステンレスなど金属へ
ダイレクトにマーキングできますが、異なった波長のレーザー「ファイバーレーザー」で
加工するとより加工が楽になります。
ファイバーレーザーではごく薄い金属の切断加工も可能にします。

今回使用する装置はPLS6MWで40wのファイバーレーザーを搭載。

用意した素材はステンレス・SUS340製のプライヤーをマーキング加工してみます。

ファイバーレーザーでは標準レンズ / 最小ビームスポット径25.4μでの加工です。
ちなみにVLSシリーズのオプション HPDFO(高密度レンズ)と同じような最少ビームスポット径が
標準レンズとなっています。

早速素材を配置

sus340 001.jpg

VLSシリーズと同様、ドアが開いているとレッドポインタ―が点灯し位置決めガイドとして
使えます。

加工スタート

sus340 002.jpg

かなりのパワー、ラスタースピードで加工です

金属の加工が十数秒で加工完了

sus340 003.jpg

パワーの程度が分かります。
加工跡を拭き取ると・・・

sus340 004.jpg

きれいに出来上がり

PLS6MWではCO2レーザーとしても使用できます。
詳しくはお問い合わせください。




posted by VLS2.30 at 11:02| 加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする