2016年10月28日

卓球ラケットケースにレーザーカッターで名前を!・・・

名前 006.jpg

卓球のラケットケースには他人と間違えないように名前を入れたいと
思ったのですが、、、、

ラケットケースはポリエステル製なのでそのまま加工しても濃淡が出ず見えない。。
色を入れるにもポリエステル生地

内側に名前を書くところはあるけど外からわからないし

名前 007.jpg

ロゴを見ると・・・刺繍ロゴではなくゴムの様なものをボンドで貼り付けてありました。

貼り付ければ・・・

ということでアイロン粘着式のネームテープを入手
レーザーカッターで加切断工してみました。

名前 001.jpg

35mm幅のテープを用意して・・・
生地は綿100%、EVA樹脂の接着剤付きです。

レーザーカッターで綿100%のテープを切断すると

名前 002.jpg

切断面の炭化も接着剤の炭化もなくきれいに切れました。

加工時間わずか30秒
レーザーカッターでは手作業では難しい曲線や細線のカットもあっという間に完了です。

名前 003.jpg

カットサイズは縦幅19ミリ、横幅30ミリ、一番細い箇所で0.75ミリでした。
筆記体のフォントを使用するとバラバラにならず纏まってカットが出来るので
アイロン接着時が楽になります。
見た目のかっこいい??

慎重にアイロンをあてると。。。。

名前 004.jpg

しっかり接着しておりました!

名前 005.jpg

表面に張り付けた方が良かった!?







ラベル:生地 カット加工
posted by VLS2.30 at 11:58| Comment(0) | 加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

フィッシングツールにマーキング剤を使ってレーザー加工

今回はメタルマーキングコンパウンド(レーザーマーキング剤)を使用して
金属にマーキング加工してみました。

マーキング剤についてはレーザーワークスの加工動画ブログに詳細があります。

用意したのはステンレス製のフィッシングプライヤー(ペンチ)です。

プライヤー 001.jpg

スプリットリングオープナー、ラインカッターがありオモリも潰せます。

レーザーカッターでHPDFO(高密度レンズ)を使用してダイレクトに加工も
可能ですが、海で使用することを想定しているのでサビを心配しレーザーマーキング剤で
加工してみました。

マーキング剤を塗布

プライヤー 002.jpg

塗布後数分で乾きます。

早速、レーザー加工開始

プライヤー 003.jpg

照射されたところが黒くなります。
ダイレクト加工に比べると濃く仕上がります。

プライヤー 004.jpg

加工完了後、余分なマーキング剤を落とすと・・・

プライヤー 005.jpg

完成です。

レーザーで金属にオリジナルロゴや名入れが簡単に出来上がります。



posted by VLS2.30 at 17:12| Comment(0) | 加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。