2017年06月19日

チタン板レーザー加工のお手伝い

少し前になりますが、チタン板加工のお手伝いをさせていただきましたので
ご紹介いたします。

チタン板への加工をご相談いただきPLS6MW機の40wファイバーレーザーで
加工いたしました。
VLSシリーズでも加工は可能ですがスピードなどは比べものにはなりません。

チタン板 001.jpg

高価なチタン板なので失敗は許されません。
慎重に素材を配置、レイアウトの確認を行い加工を開始します。

チタン板 002.jpg

まぶしく光りながらの加工を続けます。。。

ファイバーレーザーでは加工箇所が綺麗に濃く色が付きます。

チタン板 004.jpg

チタン板 005.jpg

チタン板 003.jpg

完成です。

除幕式で撮影頂いた写真をお送りいただきました。

チタン板 006.jpg

チタン板 007.jpg

少しでもお役に立てれば幸いです。
記事掲載のご承諾いただきました実行委員会様にお礼申し上げます。

posted by VLS2.30 at 16:42| 加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

管楽器用リードへ名前を彫刻

楽器に使用する「リード」へ加工してみました。

楽器 リード 001.jpg

リードで使われる材質はというと「葦」だそうですが、
今回加工する材質はダンチク製でしょうか・・

早速、VKS2.30内に配置

楽器 リード 002.jpg

加工が進んでいます。
照射設定によって照射部分の仕上がりが変わります。

楽器 リード 003.jpg

表側も加工してみました。

楽器 リード 004.jpg

今回は1.5インチレンズを使用して
駆動解像度を6(1000dpi)で加工しています。
ドライバーでは素材やデータに合わせ7段階から選択します。

楽器 リード 005.jpg

できあがり。

楽器 リード 006.jpg

マイリードはいかがでしょうか?

楽器 リード 007.jpg



posted by VLS2.30 at 16:53| 加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

ステンレス製ツールのレーザーマーキング加工 その2

今回は違う種類のステンレス製ツールをレーザー加工します。

フォー セップ 001.jpg

早速、レーザー加工機内に加工するツールを配置

加工していきます。

フォー セップ 002.jpg

ファイバーレーザーの波長はco2に比べると金属加工では吸収率が高いので
加工時間、仕上がりがまったく違ってきます。

発生する光も違うっ・・・!
30秒程で加工完了です。

フォー セップ 003.jpg

着色無しです。

極小フォントサイズでも問題ありません。

フォー セップ 004.jpg

一般金属製ツールから医療用器具・整備用工具などの管理番号刻印に
レーザー加工も出来るのではないでしょうか

フォー セップ 005.jpg

くわしくはレーザーワークスまでお問い合わせください。


posted by VLS2.30 at 17:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする